“Kiwi delight & Fish and chips apron” / by Kaoru Mitsui

 

 

IMG_1671.JPG

 

When I visited New York several years ago, I was lucky enough to have the opportunity to eat at the great Blue Hill at Stone Barns.  To me, it was not just amazingly delicious food that they served, but it was a whole new experience, a food entertainment if you will.  Very grounded to their local produce, the way they introduce those flavors of seasonal ingredients were one of a kind.  I was shocked to know that such a fun way to eat, smell, feel and think of food even existed.

I longed for the day I would ever be able to experience anything close to that, until I was introduced to chef Kan Morieda couple of years later.  When I went to chef Morieda’s restaurant “Salmon and Trout” (Shimokitazawa, Tokyo), after eating 2 plates of the course meal, something made a strong connection in my physical memory with BLUE HILL.  Chef Morieda’s creation of food was exquisite, very simply presented in a chic way, and had the delicacy and depth rooting to Japanese food.  Every dish had seasonal note to it, and were a surprise to my eyes and taste, somewhat nostalgic, but very original at the same time.  I was overwhelmed by the experience and remember having goose bumps while I ate.

Two of his signature menus are “Kiwi delight” and “Fish and Chips”. I prefer to keep the taste a secret until you actually visit the restaurant, but one thing I can say for sure, is that both of the dishes have the perfect mix of “familiarity” and “never have experienced”

 

 

■「キウイデライトとフィッシュ&チップスのエプロン」

何年か前にニューヨークを訪れた時、どんな幸運が舞い降りたのかかの有名な Blue Hill at Stone Barns でお食事をすることができた。 Blue Hillのお料理はそれまでどんなレストランでも経験をしたことのない、新しい「食」の体験だった。食べるエンターテインメントといったところだろうか。 ローカルの食材にこだわって作られるお料理の数々(全部で30皿、およそ5時間のコース)は、旬の味が斬新な方法で表現され次から次へとテーブルに登場するのであった。私はこんな、食べ物の食べ方、香り方、感じ方、考え方があるのかとショックに近い感動を覚えた。

 あの感動にほんの少しでもかするお料理に出会うことは一生ないのかもしれない…などと恋い焦がれる想いを胸に秘めること数年。昨年、About life coffeeの神戸さんに紹介していただいた、「サーモンアンドトラウト」のシェフ、森枝幹さんと出会ってその想いを思いっきりひっくり返された。コース料理の2皿目を食べ終えたところで、私の体感記憶の中で何かがBlue Hill と強烈に繋がった。手間暇かけた気取ったフレンチのようかと思いきや、食べるとすっと心に居場所をみつけてくれる素朴なお料理。シンプルでシックなプレゼンテーションと、丁寧で深みのある味は今っぽさの中にも、ルーツである日本食をしっかりと感じさせる。1品1品にある「旬」の表現、どこか懐かしいけれどでもやっぱり食べたことのない、目にも舌も驚きのお料理たち。鳥肌を立てながら食べていた。

  森枝シェフのシグネチャーメニューに「キウイ・デライト」と「フィッシュアンドチップス」がある。どんな味かは行ってからのお楽しみとして、とにかくどちらもありそうでない、「親しみ」と「未体験の」絶妙な掛け合わせのお料理なのです。